切らない脂肪吸引って可能なのか?

脂肪吸引したいけど、切開をするのは不安、体に傷をつけたくないという方も多いですよね。
そんな方にオススメなのが、今話題になっている切らない脂肪吸引です。
切らないでどうやって脂肪を吸引するのか、言葉だけ聞くとなんだかエステサロンの痩身メニューのようで効果を疑ってしまいますね。
ですが、切らない脂肪吸引はクリニックでも導入するところが増えている、注目の脂肪消去方法なのです。

 

切らない脂肪吸引は、超音波や高周波を組み合わせた波長によって、脂肪を溶かして排出させ、引き締めるという効果を得られる機器を使って行います。
超音波はキャビテーションというもので、2種類の超音波を脂肪層に照射すると、浅い部分から深層部分の脂肪すべてを溶解することができます。
次に高周波の細かい振動で、どんどん脂肪を排出していきます。
また、この振動によって脂肪が流れ出した部分の引き締めを行うことができます。
この施術は、機器のヘッドを照射していくだけなので、メスで切開をしなくても脂肪をしっかり取り除くことができるのですね。
吸引という言葉から、切らないで行うことに疑問が湧きやすいのですが、メカニズムで言うと吸引ではなく脂肪排出となります。

 

脂肪を排出するという意味での脂肪吸引は、他に脂肪を加熱して破壊する方法や凍らせて破壊する方法もあります。
加熱して破壊する方法だと、熱を発生させる赤外線とラジオ波の2種類のエネルギーを患部に照射し、吸引ローラーで脂肪の代謝を促進して燃焼させるヴェラシェイプなどがあります。
凍らせる方法だと、脂肪を凍らせることで細胞を破壊して除去するフリーズファット、加熱と冷却を繰り返して、温度差で脂肪細胞を破壊して排出されるリポコントラストなどがあります。

 

いずれにしても、今は切らない脂肪吸引の性能もどんどん良くなっているので、切らずに脂肪を吸引することは可能です。
ただし、切る脂肪吸引のようにその場で脂肪を取り除くことは出来ませんから、いつまでに痩せたいという目標がある場合は、効果が出るまでの期間をしっかり確認しておきましょう。