脂肪吸引を行った後の食生活や生活は変化するのか?

脂肪吸引は肥満の元となる脂肪を取り除いてしまうので、普通のダイエットのようにちょっと油断をしたらリバウンド、なんてことはありません。
ただし、吸引後の2週間はダイエットでいう回復期にあたるので、この期間は食事や生活に気をつける必要があります。
まず食生活に関してですが、厳しい食事制限などは必要ないものの、野菜中心の食生活を心がけて、間食をしたり夜遅い食事をしたりするのは控えましょう。
カロリーを過剰に摂取すれば、当然ですが体脂肪が増加します。
脂肪吸引をした部分は脂肪細胞を取り除いてしまっているので太りにくいですが、吸引していない部分の脂肪細胞が大きくなってしまいます。
つまり、他の部位の皮下脂肪が増加してしまうので、食べ過ぎや不規則な食事にならないように注意しなくてはいけません。

 

生活に関しては、吸引量や部位によりますが、1ヶ月ぐらいは激しい運動はしない方が良いと言われています。
脂肪吸引後は患部に空洞ができるので、体を酷使するとその部分がダメージを受けてしまいます。
体の内部では、空洞を埋めるために皮膚とその下にある組織をくっつける線維が作られます。
この作用によって患部は少しずつ正常な状態に戻っていくのですが、激しい運動などをすると線維が切れてしまってうまく修復が行われないので気をつけましょう。
また、患部が修復されていく過程では、皮膚が硬くなったり凸凹になる拘縮が起こります。
これは3ヶ月程度で治りますが、より早く、さらに滑らかで柔らかい状態にするには、マッサージやストレッチが効果的なので、毎日の習慣に取り入れるといいですね。

 

脂肪吸引をした直後はある程度食事や生活に変化はありますが、1ヶ月から2ヶ月で今までと同じ生活が送れます。
だからといって暴飲暴食をしたり、いい加減な生活をしたらまた脂肪がついてしまいます。
これは脂肪吸引に限ったことではなく、スリムな体を維持するには規則正しいバランスの取れた食事と適度な運動、質の高い睡眠を取るのは必須です。
ですので、今まで生活習慣が乱れていた方は、脂肪吸引の効果を維持するためにも規則正しい生活習慣を身につけましょう。