豊胸手術と脂肪吸引は一緒なのか?

豊胸手術には、シリコンバッグなどを挿入する方法やヒアルロン酸を注入する方法、そして自分の脂肪を取って胸に注入する方法があります。
これは脂肪注入法という豊胸手術で、この方法であれば豊胸手術と脂肪吸引を一緒に行うことができます。
ですので、脂肪吸引をして痩せたいけど、胸を大きくしたいという方にとっては一石二鳥の手術と言えるのですね。

 

脂肪注入法は、自分の脂肪吸引し、不純物を取り除いた脂肪を胸に注入するので、安全性が高いのがメリットです。
他の豊胸手術だと異物を入れるため、人によっては免疫反応によってトラブルが起こるリスクがあります。
自分の脂肪であれば免疫反応が起こることもないですし、異物ではないので自然なスタイルに仕上がります。

 

胸というのは、乳首から放射線状に広がっている乳腺に脂肪がつくことで膨らみます。
脂肪は乳腺を刺激から守る役割を持っているので、乳腺が発達していればよりたくさんの脂肪が必要になります。
そのため、胸に脂肪を注入すると豊胸することができるのです。
ただし、どんなにたくさん脂肪を注入しても、全部が胸に定着するわけではありませんから、1回で大幅にバストアップをするのは難しいと言われています。
ですがせっかく脂肪を吸引するのですから、少しでも胸を大きくしたいという希望があれば、豊胸手術も一緒に行うのがオススメです。

 

また、脂肪吸引で取った脂肪は取っておくことができます。
何回かに分けて豊胸手術を行えば、しっかり胸を大きくすることもできますし、長時間手術を行えない場合は脂肪吸引と豊胸手術を分けて行うことも可能です。
豊胸手術を迷っているという場合でも、とりあえず取っておけば、脂肪吸引の負担や費用を軽減できます。
ただ、脂肪吸引を行っているクリニックであっても、豊胸手術を取り扱っていない場合は取っておくことは出来ません。
ですので豊胸手術と脂肪吸引を一緒にしたい方、念のため脂肪を取っておきたいという方は、豊胸手術のメニューがあるクリニックを選んでください。