無理な脂肪吸引をすると起こってしまうトラブル

脂肪吸引のメカニズムとして身体にある脂肪を柔らかくして体外に除去する事です。
身体から人為的に脂肪を摘出するので無理に行えば当然身体にトラブルが起こります。
では脂肪吸引を受けることでどのようなトラブルが起こるのか?最もリスクが高いのは感染症です。
手術方法は体にメスを入れ、切開しますから傷口から感染する可能性があるのです。

 

感染症が起こるメカニズムはカニューレを挿入した傷以外にも処置をすることでやけどが起こったり、内部組織がダメージを受けることで感染症につながる可能性もあります。
それから出欠量が多くなる可能性が高いのも脂肪吸引のリスクの一つです。
手術をしたときに止血措置が適切に行われなかった、手術の内容が出血量の多いものという場合、大量出血を起こして貧血、ショック症状を起こす可能性があります。
あまりに出血量が多い場合は死亡事故につながることもありますので注意が必要です。

 

他にどのようなトラブルが起こるのかですが、脂肪塞栓症という血管に柔らかくなった脂肪組織が入ることで血栓ができる状態があります。
肺塞栓や脳塞栓に至ることもあるため、少しでも体調が悪いと思ったら早めに医療機関を受診しなければ後遺症が残る、志望する危険性も秘めているのです。
十分な技量や実績を持っていない医師によって施術されると、カニューレ操作のミスから内臓損傷を起こすこともあります。
ダメージを受けた内臓によってはその後も通院しなければならない、死亡する可能性もあります。

 

損傷トラブル以外にも、手術の際使う麻酔トラブルも起こることがあります。
麻酔には手術部位に直接麻酔する局所麻酔や脊髄の周りにある硬膜周辺に細い管を入れて麻酔を注入する硬膜外麻酔、静脈内に麻酔を入れる静脈麻酔、中枢神経に直接作用させる全身麻酔があります。
選ぶ麻酔方法によってリスクは違いますが、全身麻酔や体に合わない麻酔を使うとアレルギー症状を引き起こすことがありますので、事前のカウンセリングで医師と確認しあうことが大切です。
脂肪吸引トラブルを避けるためには、事前にしっかりカウンセリングを受け、持病の有無を確認する、麻酔トラブルが以前あったなど話し合いましょう。