脂肪吸引でよく聞かれるダウンタイムって何?

脂肪吸引手術をすると起こるのがダウンタイムと言われていますが、ダウンタイムというのは手術によって起こる腫れや痛み、内出血などといった症状が起こる期間です。
手術後、元の生活に戻るまでには様々な症状が現れますし、どこの脂肪吸引をしたか、どのくらいの脂肪を吸引したかによってダウンタイムの期間や症状も異なります。

 

脂肪吸引の手術方法とダウンタイムはどのくらい起こるのかですが、チューメセントは腫れやむくみが2〜3週間ほど、ベイザーリボは腫れや痛みが1週間ほど、内出血が1〜2週間ほど続きます。
ベイザーデフなら腫れ、痛みが1〜2週間くらい、ボディジェットなら腫れ、内出血が2〜3週間、痛みが2週間ほど続き、ボディタイとでは腫れや痛みが2〜3週間続きます。
ウルトラゼットは2〜3週間内出血と腫れが、シリンジは腫れなどの症状が落ち着くのに2週間くらい、その後1ヶ月ほど鈍い痛みが続きますが、日常生活は手術翌日より送ることが可能です。
ハイパーインフレート、エルコーニアレーザー、体外式超音波やPALを選択すると2〜3週間くらいの腫れが続きます。

 

部位別にダウンタイムを比べてみると、目立つ顔は3日〜1週間ほど腫れが続き、内出血、痛み、痺れも起こります。
希望部位の多いお腹、太ももは2〜3週間腫れや内出血が続き、ふくらはぎは1〜2週間、お尻や二の腕は1週間ほど腫れと内出血が起こります。
ダウンタイムは目安の期間我慢しなければならないのかというと、そうではなく、刺激を与えなければ短くなる可能性もあります。
しかし刺激を与えるとダウンタイムが長くなる可能性もありますので、痛み止めや安静、強くこすらない、触らないように気をつけましょう。
また手術後は圧迫固定しますので、医師の許可が出るまで使うようにし、通院は予定通りすることが大切です。
安静にした方が良いといっても、むくみを予防するには少しでも動いたほうがいいので、無理に運動しない程度で動き、血流を良くすることがお勧めです。